てすと

たかろぐ

自分のログを刻みます。

『Webを支える技術』第4部

第4部は、ハイパーメディアフォーマットというタイトルです。 内容は以下のような感じです。

今回は、「どういう形式でデータをやり取りするか」という内容が比較的多く、記法についての説明も結構ありました。 でも、記法に関しては自分で書かないと忘れちゃうので、その辺に関しては軽くまとめつつざっと流し読みしました。

microformatsAtomに関しては、今回初めて知ったので、少しだけ概要をまとめておきたいと思います。 (Atomって聞いて、真っ先にエディタが出てくるのはしょうがないよね...)

microformats

microformatsは、軽量にセマンティックWebを実現できるフォーマットらしいです。

雑な説明になりますが、セマンティックWebはHTMLやXMLで書かれたリソースがプログラム的にどういう意味を持っているかということです。

microformatsは、そのセマンティック情報をHTML上のリソースに埋め込むことで目的を達成するようです。

これを見た時、「これ普及したら、スクレイピング捗るしすごそう!」って思ったんですけど、 よくよく考えたら普通にWebAPIでJSON返す形式にした方がネットワークリソースの節約(Webページが軽量になる)し、 いざ利用しようとした時わざわざ自分でスクレイピングスクリプト書かなきゃいけなさそう(?)なので、APIの方がいいのでは?ってなっています。

WebAPIを提供するってなった時、開発側はAPIのメンテナンスをする必要があるけど、 自分がmicroformatsAPIを利用する側になった時の事を考えると、 「いつ構造が変わってもおかしくないmicroformatsより、シンプルでドキュメントも整っているAPIの方が絶対使いたい」 って思うような気がしました。

Atom

これも初めて知りました。 正式名称はAtom Syndication Formatっていうみたいです。

元々は、RSSの仕様が乱立していた時に、その標準化を目的の1つに掲げて策定され、フォーマットはXMLベース。 それぞれのリソースに対して、タイトル、著者、更新日時は必須で、メタデータとして付与されていて、ブログサービスAPIとかに使われているみたいです。

拡張性も良い点みたいで、色々な所に使われているみたいなのですが、正直どれくらい良いものなのかは実際に使ってみないと分からなさそうです。。。

明日は第5部、Webサービスの設計の話です。(一番楽しみなやつ)

おやすみなさい。